出会いがない社会人男性を救済する「出会いのきっかけ」を真剣に検証してみた

出会いがない社会人男性のために、短期間で確実に出会える「きっかけ」を真剣に検証した自信満々の記事です。職場に出会いがない人でも3日で出会える、社会人男性におすすめの鉄板の「きっかけ」を全部まとめて公開します。

出会いがない社会人が異性と出会う方法(基本編)

出会いがないのは男女共通の悩み

出会いがない社会人男性のあなたに、必ず知っておいて欲しいことがあります。

それは、「女性も出会いがない」という事実です。

男性が悩んでいることと全く同じ悩みを、女性も抱えているんです。

普通の社会人なら、自宅と職場の往復で日々時間が流れていってしまうのが当たり前です。

毎日、月曜日から金曜日まで週5日も仕事をしていたら、少なくとも職場に新しい出会いがない限り、異性と知り合うきっかけなどあるはずがないんです。

実は、女性もまったく同じです。

例えば大学生なら、同じ大学に通う学生だけでなく、他大学との合コンやバイト先での出会いなど、いたるところに出会いのきっかけが溢れています。

しかし、社会に出てしまったら、新しい出会いのきっかけなどまずありません。

女性も、男性と出会いたがっています。

きっかけを探しています。

むしろ、女性の方が深刻にそのきっかけを探し求めているんです。

なので、まず第一に、出会いのきっかけを作ることが難しいと考えることはやめてください。

むしろ、自分の方から望めば、きっかけはむしろ多いんです。

この記事では、出会いがないと勘違いしている社会人男性のために、いかに女性と出会うことが簡単か、出会いを求める女性との出会いのきっかけの作り方を全部まとめて詳しく紹介します。

女性の気持ちはこんなに変わりやすい

これから出会いのきっかけを作ろうとしている社会人男性に、もう一つ知っておいて欲しい大切なことがあります。

それは、女性の気持ちは変わりやすいということです。

この記事の後半では、具体的に、どういう場所できっかけを作ればよいのかを全て紹介しています。

この記事を最後まで熟読して、実践してもらえれば、納得いただけるでしょう。

しかし、繰り返しになりますが、女性の気持ちはすぐに変わってしまいます。

具体的には、今この瞬間に出会いを求めて行動を始めた女性も、明日にはやめてしまうことがあるということです。

例えば、出会いのきっかけとして最も人気のある、マッチングアプリを例に挙げてみます。

ある女性は、出会いのきっかけ欲しさに、マッチングアプリに登録し、男性を探しているとします。

わざわざマッチングアプリをダウンロードして、会員登録まで行い、場合によっては年会費まで払って利用するのですから、その行動力だけ見れば、やる気満々でこれから徹底的に異性を探すかのように思えます。

しかし、それは間違いです。

「よし、アプリで彼氏を作ろう」と決心した女性でも、次の瞬間には、「やっぱやめよう」と気心が変わってしまうことはよくあります。

それ自体が悪いわけではありません。

一番大切なことは、人のモチベーションは長く続かないということです。

これから様々なきっかけを見つけて、そこでたくさんの女性と出会うはずです。

その時に、「この女性はすぐに消えてしまうかもしれない」という意識を持つようにしてください。

事実、今日この瞬間にアプリ内で見かけた女性が、次の日にはもう既に退会してしまっているということが普通に起こるからです。

女性のやる気がなくなったのか、他の男性に盗られたのか、その理由は分りません。

しかし、大切なポイントは、今目の前にあるきっかけは、今掴み取らないとすぐ消えてしまうという危機感を持つという点にあるんです。

焦りは禁物ですが、まったく焦らないのもきっかけを逃すことに繋がります。

まずは、適度な緊張感と焦りを持ち、きっかけを逃さないという意識を持つということを忘れないでください。

30代が出会いのピーク

出会いがないと感じる社会人男性と同じように、社会人女性も同じ悩みを抱えていると紹介しました。

そして、男性よりもむしろ女性の方が、その悩みは深刻です。

その理由は言うまでもなく、女性には年齢の壁があるからです。

人それぞれ、意識しているタイムリミットは異なりますが、女性は「遅くとも何歳までに結婚したい」「出産したい」とタイムリミットを決めています。

身体的なタイムリミットではなく、自分で意識している締め切りのような考え方です。

そして、一般的な社会人であれば、往々にしてそのタイムリミットまでに出会いのきっかけを掴むことができず、自分で決めたそのタイムリミットのおかげで、ますます焦りが増すという悪循環に陥るんです。

一般的に言えば、そのピークが30代と言えます。

30代に突入し、出会いのきっかけが見えない女性は焦りと同時に、真剣さが増します。

言い換えるなら、出会いに対する意欲はどんどん高まるんです。

これを男性側から見れば、女性との出会いのきっかけが溢れていると言う意味がお分かりいただけるのではないでしょうか。

要するに、きっかけは溢れているんです。

女性の心理を正しく理解し、正しい手段でそのきっかけをゲットしていけば、理想の女性との出会いなど3日あれば十分なんです。

まずは、女性は焦っていて、出会いのきっかけを提供してくれているという現実を押さえておいてください。

出会いのきっかけがないのではなく、あるんです。

社会人男性におすすめの「きっかけ」の作り方

共通点から攻めるのがベスト

この章では、具体的なきっかけ作りを解説します。

基本的に、社会人男性が確実に出会いを作るには、今の時代ならマッチングアプリがベストです。

もちろん、リアルの婚活パーティーや結婚相談所、その他のナンパに近い出会いであっても、きっかけの活かし方という点では共通しているので、必ず押さえて欲しいポイントです。

よく読んでください。

例えば、マッチングアプリを通じて、あなたが気になる異性を見つけた場合、どうアプローチしますか?

ここで必ず押さえて欲しいポイントが、「相手との共通点」です。

はっきり言って、マッチングアプリには、出会いを求める社会人が溢れています。

むしろ、これを使って出会えない人など、逆にまずいんじゃないかと思うほど、そこには出会いが溢れています。

しかし、そんな恵まれた環境があるにもかかわらず、そのきっかけを活かしきれない男性が多いのも事実です。

その差はなんだと思いますか?

それが、相手との共通点を意識しているか、していないかの差なんです。

普通の男性の場合、タイプの女性を発見すると、自分のタイプかどうかで判断し、アプローチするかどうかを決めてしまいます。

一見当たり前に見えて、これは間違っています。

もちろん、タイプの女性に惹かれる気持ちは分かります。

男なら当然です。

しかし、いくらタイプの女性にアプローチしても、最終的にリアルに繋がらなければ意味がありません。

時間の無駄になってしまうんです。

なので、気になる異性を見つけたら、まず第一に、その相手と自分との間に共通点があるかどうかをチェックしてください。

共通点があれば、必ず会話が盛り上がります。

共通点があれば、自然にリアルへと移行できます。

逆に、共通点がないと、会話が盛り上がらず、リアルへ移行することができません。

まずは、その無駄な労力を減らすために、共通点の有無という視点を持ち、不用意なマッチングを減らすことが最短のきっかけ作りのポイントになります。

具体例は、この記事の中で解説していきます。

今から習い事を始めるのは間違い

出会いのきっかけ作りとして、共通点が重要だと紹介しました。

でも、この記事を読んでいる人の中には、共通点=同じ趣味のことだと思っている人はいませんか?

それは間違いです。

出会いのきっかけを作る方法として、ネットには様々な情報が溢れていますが、その中には、同じ趣味の人と知り合うために、「習い事をはじめましょう」というもっともらしい間違いも隠れています。

はっきり言って、出会いを求めて今から習い事を始めるのは、本末転倒です。

例えば、あなたが、趣味でバイオリンを演奏するような品のある女性と知り合いたいと思ったとします。

そのために、今からバイオリン教室に通いますか?

それは最短距離に見えて、遠回りどころか、目指している相手に辿り着かないルートです。

もちろん、これは極端な例です。

しかし、その極端な例であっても、あなたと「趣味でバイオリンを弾く女性」とが知り合うきっかけを上手に作る方法はあるんです。

3日で出会える鉄板の「きっかけ」はコレ

ここで、どんな女性にも効果的な鉄板の「きっかけ」を一つ紹介します。

答えは一つではありませんが、必ず覚えて欲しい鉄板の共通点の作り方です。

それは、ずばりグルメです。

美味しい物が嫌いな女性は、世の中に一人もいません。

そして、それはあなたも同じはずです。

まず第一に、これから異性を見分ける際は、まず衣食住の食に着目する癖をつけてください。

具体例を挙げます。

例えば、マッチングアプリで気に入った女性を発見したとします。

上記の法則に則って、その女性の食に対する感性をチェックしてください。

例えば、自己紹介の中に「ワインが好きです」「お肉好きです」と具体的なことが書かれている場合もありますし、あるいは、プロフィール写真を見れば、レストランやカフェの好みが分かる場合も多々あります。

この時点で、自分と相性が合うかどうかを見極め、相性が合うと感じた人にのみアプローチをするんです。

もしもあなたがワイン好きであれば、同じくワイン好きの女性とすぐに話が盛り上がりますし、もしもあなたがお肉好きであれば、同じくお肉好きの女性とすぐに話が盛り上がります。

そして、もしもその女性の趣味が「バイオリン」だったら、どうでしょうか。

あなたはバイオリンの知識が一切なくても、あくまでもワインやお肉の「おまけ」として、その女性の趣味へと繋げるルートができるんです。

このような思考回路の方が、よっぽど自然です。

もちろん、これはあくまでも例なので、現実には、「バイオリンを弾く女性じゃなきゃ嫌だ」という男性はまずいないでしょう。

しかし、あなたが女性を選ぶ際に、なにか譲れないポイントがあるとしても、まずはそれを横に置き、二人が共通に楽しめるジャンルをきっかけに、一歩踏み出すというアプローチこそ最短距離になり得るんです。

繰り返しになりますが、女性は出会いを求めています。

そして美味しいものが嫌いな女性は世の中にいません。

これだけヒントがあれば、3日で出会いのきっかけを作るというゴールに大きく一歩近づいたと言えるでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ